第216回「歴史と人間」研究会

日時: 2013年7月14日(日)14時より

場所: 一橋大学西キャンパス職員集会所
(キャンパス地図6番 http://www.hit-u.ac.jp/annai/campus/index.html

報告: 河野 真太郎氏
タイトル: 「ポストフォーディスト・ビルドゥングスロマン――『学習社会』の文学史に向けて」

要旨:
 本発表では、近年の社会の変化と、人間の成長や教育に関する観念と制度の変化、そしてそれに対応する文学(人間の成長を描く文学)の変化という三つの変化の水準を関連づけて考察することを目指す。「近年の社会の変化」とは、1970年代もしくは80年代以降の、福祉国家から新自由主義への、そして生産体制においてはフォーディズムからポストフォーディズムへの変化のことである。おそらくそれに対応するのが、1970年代にUNESCOおよびOECDが打ち出した「学習社会」の理念――そして各国における「生涯学習」の実践――である。フレキシブルに、生涯にわたってスキルを磨き続けるべし、というポストフォーディズム的な「学習社会」の理念は、いかなる形で私たちの文化を作り上げてきたのか。
 本発表ではまず、カズオ・イシグロ(『日の名残り』『わたしを離さないで』)がそのような学習社会の文学であることを確認する。その上で、学習社会の理念は大きく二つの側面において現代社会を規定していることを指摘する。すなわちそれは、ポストフェミニズム状況というジェンダーの問題と、多文化主義およびシティズンシップ教育という人種の問題である。ここでの問題は、ジェンダーと人種という「新しい社会運動」の二大テーマは、学習社会の理念に簒奪され、新自由主義的な現在(特に、90年代以降のロールアウト型の新自由主義)にとってはこの二つの側面におけるマイノリティがアクティヴに社会参加することはむしろ歓迎すべき事態になっているかもしれないということである。本発表では、いくつかのテクストを検討して、この二側面において何が起きたのかを検討したい。その際、教養小説的な物語、または階級上昇物語が現代においていかなる変容をこうむっているか、ということが重要な視点となるだろう。具体的には、ポストフェミニズム状況については『リタの教育』『羊たちの沈黙』『ブリジット・ジョーンズの日記』など、多文化主義とシティズンシップ教育については『ハリー・ポッター』シリーズと、再びカズオ・イシグロを検討する予定である。

参考文献:
河野真太郎『〈田舎と都会〉の系譜学:20世紀イギリスと「文化」の地図』(ミネルヴァ書房、2013年)第8章


* 次回は9月14日(土)、兼子歩氏によるご報告の予定です。


第215回「歴史と人間」研究会

日時: 2013年6月16日(日)14時より

場所: 一橋大学西キャンパス職員集会所
(キャンパス地図6番 http://www.hit-u.ac.jp/annai/campus/index.html

報告: 飯島 渉氏
タイトル: 「外国史研究の方法をめぐって、あるいは、『中国史が亡びるとき』」(飯島渉「『中国史』が亡びるとき」『思想』No.1048(2011年8月)、99-119頁をご参照ください)

* 次回は7月14日(日)、河野真太郎氏によるご報告の予定です。


第214回「歴史と人間」研究会

日時: 2013年4月21日(日)14時より

場所: 一橋大学西キャンパス職員集会所
(キャンパス地図6番 http://www.hit-u.ac.jp/annai/campus/index.html

報告: 阿部 安成氏
タイトル: 「一望の誘惑:20世紀前期日本の高等商業学校研究をめぐる論点」

要旨:
 本報告では、20世紀前期の日本で機能した高等教育機関である高等商業学校をとりあげます。高等商業学校(高商)の歴史はこれまで、それを母体とする国立大学経済学部などの大学史に前史として記されるくらいで、個別の研究はあまりありませんでした。ここ数年にわたるいくつかの高商史料の調査をふまえて、今回は高商で実施された東アジアへの海外修学旅行をとりあげて、高商研究の論点を提示することとします。報告タイトルは「一望の誘惑:20世紀前期日本の高等商業学校研究をめぐる論点」です。参考文献は、阿部安成「高商生の泰安亜行〜Bon voyage!−20世
紀前期高等商業学校が実施した海外修学旅行の妙趣」滋賀大学経済学部Working
Paper Series No.177、2012年11月。http://mokuroku.biwako.shiga-u.ac.jp/WP/index.htm、同「蝶番としての海外修学旅行:20世紀前期帝国日本と高等商業学校研究の展望」『一橋大学附属図書館研究開発室年報』創刊号、2013年4月発行予定。

* 5月は学会シーズンのため、お休みです。次回は6月16日(日)、飯島渉氏によるご報告の予定です。


第213回「歴史と人間」研究会

日時: 2013年3月31日(日)14時より

場所: 一橋大学西キャンパス職員集会所
(キャンパス地図6番 http://www.hit-u.ac.jp/annai/campus/index.html

報告: 竹内 敬子氏
タイトル: 「イギリス逓信省における女性雇用の開始について」

要旨:
 イギリス逓信省で女性雇用が始まるのは1870年、電信事業が逓信省の管理下に置かれ、民間の電信会社に雇用されていた女性が移管されたことが契機となっている。これは、女性の公務員の雇用の始まりでもあった。1875年には貯金部門での「実験」的採用が始まり、その「成功」に導かれ、女性の雇用は次第に拡大し、20世紀初頭には逓信省は単体の雇用主として最大の女性雇用数を擁するにいたる。女性たちの職種は多岐にわたり、また、大都市のみでなく全国各地で女性が採用された。年金受給資格のある正規職員と並んで、非正規職員も存在していた。1876年から1913年まで貯金部門の管理職を務めたSmithのような女性も存在した。
 逓信省における女性雇用のあり方は、その他の女性公務員の雇用管理にとどまらず、19世紀末に向かって拡大しつつあった女性事務職全般の雇用管理にも影響を与えた、とされている。1876年に導入された結婚退職制(marriage bar)は、工場で働く女性労働者には存在しない制度であった。また、同一労働ないし同一価値労働をになう男女労働者に異なった職階を与え複線的に管理することで、女性の給与は男性よりはるかに低く抑えられていた。男女不平等な雇用管理に関し、1901年に設立された逓信省女性事務職員組合(the Association of Post Office Clerical Workers)が強くその是正を求めたことも興味深い。
 本報告では、逓信省における女性雇用の開始とその後の約10年余りの敬意を概観する。逓信省における女性雇用は、女性雇用拡大を訴えるフェミニスト達に支持されていたし、女性参政権を強く支持するヘンリー・フォーセットが逓信大臣を務めた時期には、雇用拡大が進んだ。しかし、他方で、女性を雇用することのコスト面でのメリットが一貫して貫かれ、逓信省での女性雇用は「安価な労働力」としての女性のあり方を制度化し、普及させた、という側面もある。こうした両義性に留意しつつ、逓信省における初期の女性雇用の意味について考察する。


* 次回は4月21日(日)、阿部安成氏によるご報告の予定です。


第212回「歴史と人間」研究会

日時: 2013年2月16日(土)14時より *土曜の開催となりますのでご注意ください。
場所: 一橋大学西キャンパス職員集会所
(キャンパス地図6番 http://www.hit-u.ac.jp/annai/campus/index.html

報告: 那須 敬氏
タイトル: 「音楽の過剰:17世紀ダラム大聖堂とオルガンの政治学」

要旨:
イングランド宗教改革と音楽の関係は、そのはじまりから不安定なものだった。エリザベス一世期には王室礼拝堂を中心に高度なポリフォニー音楽が発達した一方で、プロテスタント改革者たちは説教と簡素化された典礼による信徒教化を重んじ、教会音楽の濫用は批判された。音楽の是非をめぐる断続的な論争は、17世紀には本格的な政治対立に連動することになる。議会の決定で大聖堂における聖歌隊音楽が廃止され、パイプオルガンが破壊された内戦・革命期は、イギリス宗教音楽史の「空白の20年」でもある。こうした展開を、禁欲的なピューリタニズムの所為とするのは易しい。だが、楽器演奏や歌唱の実践、またこれらをめぐる言説が、具体的に初期ステュアート朝の政治と宗教において持った意味と役割については、さらに詳細な研究が必要である。本報告では、チャールズ1世親政期(1620-30年代)から内戦期(1640年代)にかけてのダラム大聖堂に着目し、礼拝音楽の改革・変更をめぐって推進派と反対派の間で起こった対立を分析する。ダラム大聖堂におけるオルガンや聖歌隊の整備と、国教会におけるアルミニウス主義ポリティクスの関係を明らかにし、これが内戦期の議会政策に与えた影響について考察したい。また、教会音楽をめぐる論争を17世紀における音楽と身体理解の関係史に位置づけ、「聴覚の文化史」研究の可能性についても考えてみたい。

* 次回は3月31日(日)、竹内敬子氏によるご報告の予定です。


第211回「歴史と人間」研究会

第211回「歴史と人間」研究会

日時: 2013年2月3日(日)14時より
場所: 一橋大学西キャンパス職員集会所
(キャンパス地図6番 http://www.hit-u.ac.jp/annai/campus/index.html
報告: 山室 信高氏
タイトル: 「マックス・ヴェーバーとドストエフスキー――ヴェーバー所蔵本の『カラマーゾフの兄弟』およびルカーチの影響をめぐって」
要旨:
 ドイツの社会学者マックス・ヴェーバーは東の大国ロシアに多大な関心を寄せていたが、ロシア革命への政治的な関心ばかりでなく、ロシア文学にも親しんでいた。まずはトゥルゲーネフ、そして誰よりもトルストイが彼を魅了したが、さらにドストエフスキーも彼の興味を惹いた。本報告では、トルストイに比べるとこれまで論じられることの少なかったドストエフスキーからのヴェーバーに対する影響を探ってみたい。
 そこで特に問題となるのはドストエフスキー最後の小説『カラマーゾフの兄弟』である。今日、ミュンヘンのマックス・ヴェーバー全集編纂所(於バイエルン科学アカデミー)に保管されているヴェーバーの蔵書にはこの小説のドイツ語版が現存し、それには多くの傍線や下線が見出される。これらの読書形跡を詳しく検討することで、ヴェーバーが『カラマーゾフの兄弟』をどう読んだのか、再構成を試みる。
 また次にヴェーバーのドストエフスキー観にもっとも関与するところが大きかったと思われるゲオルク・ルカーチにも注目する。彼は第一次世界大戦前から戦中にかけてハイデルベルクのヴェーバーのもとに出入りして体系的な美学の著述にあたっていたが、その一方で『小説の理論』やドストエフスキーに関するエッセイにも取り組んでいた。ルカーチとの精神的なやりとりを通してヴェーバーがドストエフスキーへの理解をいかに深めたかを考察する。
 なお本報告は昨夏行なったハイデルベルクおよびミュンヘンにおける調査研究の成果にもとづく。

* 次回は2月16日(土)、那須敬氏によるご報告の予定です。


第211回「歴史と人間」研究会

 第211回「歴史と人間」研究会は2月2日(土)もしくは3日(日)、山室信高氏によるご報告の予定です。詳細は1月中旬頃、改めてご案内いたします。

第209回「歴史と人間」研究会

日時: 2012年11月25日(日)14時より
場所: 一橋大学西キャンパス職員集会所
(キャンパス地図6番 http://www.hit-u.ac.jp/annai/campus/index.html

報告: 石居 人也氏
タイトル: 「ハンセン病療養所を『開く』―20世紀日本の療養所におけるキリスト教―」

要旨:
 瀬戸内海に位置する「大島」(香川県高松市)という名の決して大きくはない島が、本報告のおもなフィールドとなる。
 1909年に創設された公立療養所のひとつ、大島青松園でキリスト教信徒団体の霊交会が結成されたのは、1914年11月のことだった。霊交会に集った信徒たちは、隔離政策下にあった療養所において、信仰面にとどまらない在園者同士の結びあいの核となってゆく。また、信仰を介した「交流」によって、医療を施す者/施される者、管理する者/される者といった、園内における日常的な「棲みわけ」を越えた人的ネットワークや、療養所外の個人・団体とのつながりをもつことともなる。
 かかる動向を、現在も継続している史料調査の経過をふまえながら跡づけ、20世紀日本のハンセン病療養所における在園者のキリスト教受容が、隔離政策のもとにあった療養所をおもな場として生きるかれらの生にいかなる意味をもったのか、大島青松園キリスト教霊交会に即して見取図を描いてみたい。

* 第210回「歴史と人間」研究会は12月16日(日)、シンポジウムと恒例の忘年会の予定です。


第210回「歴史と人間」研究会シンポジウム

日時: 2012年12月16日(日)受付13:30〜、シンポジウム14:00〜、懇親会18:00〜

ドイツ帝国医療は「特有」だったか
―その中国ペストとアフリカ眠り病対策を中心に


 19世紀末からの帝国主義の時代、西洋列強および日本は、それぞれの植民地において積極的な医療援助を展開しました。「帝国医療」と総称されるものです。その時代は、科学史でみれば「細菌学説」が確立され、さらに、医学「研究」に比べて、19世紀前半まで完全に立ち遅れていた病気の「治療」の効果が、製薬業の発展と相俟って急速に高まる時代でもありました。よく知られるように、これらの西洋医学の革命的な進歩をリードしたのがドイツでした。そのドイツは植民地においても積極的な帝国医療を展開します。ところが、第一次世界大戦の敗北による植民地の放棄。そして、おぞましいナチス医療の記憶。そのために、ドイツの歴史学界ではドイツ帝国医療の研究は、ほとんどタブー視扱いされてきました。このシンポジウムは、ドイツ植民地における二大疫病対策にかんする二人の研究者の報告を中心にして、この大きな研究史上の空白を埋めることによって、帝国医療について新たな地平を切り拓き、さらに、ドイツの「特有の道」論争についても一石を投じようとする試みです。

趣旨説明: 見市 雅俊氏

報告:
浅田 進史氏「東アジアにおけるドイツ植民地統治と防疫への社会動員―1910・11年青島での肺ペスト対策を中心に―」
磯部 裕幸氏「『文明化の使命』から『植民地修正主義』へ―アフリカ『眠り病』と戦前ドイツの熱帯医学」

コメント: 飯島 渉氏、櫻井 文子氏、堀内 隆行氏

司会: 森 宜人氏


第208回「歴史と人間」研究会

日時: 2012年10月21日(日)14時より
場所: 一橋大学西キャンパス職員集会所
(キャンパス地図6番 http://www.hit-u.ac.jp/annai/campus/index.html
報告: 東風谷 太一氏
タイトル: 「食糧と民衆運動――三月前期ミュンヒェンにおけるビール騒擾を中心に」
要旨:
 近年のドイツにおける民衆運動研究は、「モラルエコノミー」や「厚い記述」といった方法概念を軸に運動の形態・行動様式・動機などが追求され、一九世紀前半期における「民衆」の意識や食糧をめぐる統治の問題などに光が当てられた。なかでも特に食糧価格と市場についての伝統的な諸制度と民衆運動の関係の重要性が指摘されてきたが、これを具体的に検討した研究はいまだに数少なく、地域も限定されている。
 そこで、本報告では一八四〇年代のミュンヒェンで発生した「ビール騒擾」(Bierkrawall)を事例として、騒擾の経緯や動機をさぐりつつ、騒擾とビールをめぐる諸制度および国家・都市当局の治安政策の関係を考察したい。それにより、一九世紀のドイツ諸領邦における民衆運動について、比較史的研究を可能とするための足場を作りたい。
 報告の史料には、主に州政府からの内務省本庁への報告書、新聞、邦議会議事録および醸造所の社史などを用いる。

* 第209回「歴史と人間」研究会は11月25日(日)、石居人也氏によるご報告の予定です。



S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

とは?

研究会の概要、これまでの例会

今後の例会

<2018年>
11月17日 田村俊行氏
12月16日 シンポジウム・忘年会
3月    見市雅俊氏

出版記録

画像をクリックすると、詳細情報がご覧になれます。

リンク

過去の記事

ブログ内検索

その他