第249回「歴史と人間」研究会

日時: 2016年11月27日(日) 14時より

場所: 一橋大学西キャンパス職員集会所
 (キャンパス地図8番 http://www.hit-u.ac.jp/guide/campus/campus/index.html

報告: 山口 みどり氏

タイトル: 「歌う聖職者たち、サープリスを着た女性たち、教会という劇場―19世紀イングランド国教会における音楽・聖職・ジェンダー」

要旨:
 演劇がタブー視されたヴィクトリア初期。しかし皮肉なことに「教会と劇場の間のつながり」は、このころイングランド国教会で強まり始めていた。オックスフォード運動の影響で、音楽を多用する唱詠聖餐式が教区教会でも再導入されると、カトリック的だとする反発にもかかわらず受聖餐者数の増加が報告された。教会堂は会衆の目を意識した「劇場」的なものに改装され、国教会の礼拝のための聖歌が整えられ、司祭やその家族は各地で聖歌隊を組織していった。 
 しかし、音楽の導入は会衆を楽しませ教会に引き付けた一方で、ヴィクトリア期の支配的なジェンダーや階級区分に混乱をもたらすこととなった。当時、女子教育において音楽は「ほとんど必修」であったのに対し、「男子教育の範疇にはほとんど入ってこな」(Nature, 1874)かったからである。唱詠礼拝は、整備されつつあった公教育や、アスレティシズム全盛の男子パブリックスクールにも波紋を広げ、さらには教区の娯楽にも影響を与えていった。女性がサープリスを着て内陣に座ってもよいのか? どうしたら少年たちを聖歌隊に呼び込めるか? 歌声の「訛り」の問題は? そして、歌える牧師を養成するにはどうすればよいのか? 音楽と、ジェンダー階級の振り分けは、「神聖」という要素によって再構成されていき、また「観客」としての会衆たちによって取捨選択されていった。

 

* 次回は12月18日(日)、恒例のシンポジウム&忘年会を予定しております。皆様、奮ってご参加ください。

 


第248回「歴史と人間」研究会

日時: 2016年10月29日(土) 14時より *土曜日ですのでご注意ください。

場所: 一橋大学西キャンパス本館特別応接室
 (キャンパス地図10番 http://www.hit-u.ac.jp/guide/campus/campus/index.html

報告: 高見 純氏

タイトル: 「中世後期兄弟会の救貧―15世紀前半期ヴェネツィアの聖マルコ兄弟会」

要旨:
 本報告では、15世紀前半期ヴェネツィア社会において俗人宗教団体である兄弟会が担った救貧活動を考察する。1348年以降、西欧社会は数年おきに伝染病が流行する時代に突入した。当時西欧最大級の都市であったヴェネツィアも例外ではなく、病死による人口減少と農村からの人口補充を繰り返した。人口流動による地縁・血縁の希薄化と伝染病による社会不安は、具体的な社会救済の出現を要請し、教区を超えた全都市型大兄弟会の成長を促した。13世紀に生まれた4つの鞭打ち「苦行」団体(兄弟会)は、15世紀には「救済」団体へと変質し、都市公認の名誉ある団体として、その後数百年に渡って都市社会の救済の一端を担うことになった。
 報告では同団体の1つ聖マルコ兄弟会を取り上げ、1430年代の会計帳簿史料の分析から同団体の担った貧困救済の実態と、救済の構造を検証する。それによって、これまで16世紀を中心に語られてきた同団体の福祉的側面が、上記伝染病の社会不安の中で期待された「防貧」機関として、既に15世紀前半期にどこまで成立していたのか評価したい。


* 11月例会は山口みどり氏によるご報告の予定です。


第247回「歴史と人間」研究会

日時: 2016年9月17日(土)14時より *土曜日ですのでご注意ください。

場所: 一橋大学西キャンパス本館特別応接室
 (キャンパス地図10番 http://www.hit-u.ac.jp/guide/campus/campus/index.html

報告: 東風谷 太一氏

タイトル: 「物の権利と醸造業―19世紀前半期ミュンヒェンにおけるビール・騒擾・共同性」

要旨: 本報告では、1840年代に2度にわたってミュンヒェンで起きたビールをめぐる騒擾の背景を検討したい。学史においては、すでにこの騒擾の具体的な経過や、担い手の社会階層(手工業職人および兵士)などが明らかにされており、主にモラル・エコノミーとの関連で考察されてきたといえる。その一方で、これらの成果が主題を異にする研究、たとえば手工業史や都市史と接合されることはほとんどないままとなっている。担い手の社会階層がわかっている以上、さらに、19世紀前半期がバイエルンにおける営業自由化、言葉を換えれば、領邦政府の主導下で市場競争経済の展開を急ごうとした時期であったことをも考慮するなら、国家・都市の権力が交錯する場としての都市共同体、および手工業者を取り巻く営業体制の変容といった視座をも含みこむ形で、騒擾についての考察がより深められなければならないだろう。この地点からこそ、騒擾の担い手たちのモラルがよりよく見えてくるのではないか、というのが本報告の問題意識である。そこで、さまざまな領域の先行研究を積極的に参照し、都市文書館の行政史料と突き合わせることで、騒擾の担い手たちの日常において何が起きていたのかをあらためて考えてみたい。その結果、本報告の主題にとって私的所有制の貫徹という問題が鍵であり、とりわけビール醸造業の営業権が近代的な所有の対象となっていく過程を通して、騒擾の背景をなす都市の共同性の変容が具体的に垣間見えてくるはずである。


* 10月例会は高見純氏によるご報告の予定です。

 


第246回「歴史と人間」研究会

日時: 2016年7月16日(土)14時より *土曜日ですのでご注意ください。

場所: 一橋大学西キャンパス本館特別応接室
 (キャンパス地図10番 http://www.hit-u.ac.jp/guide/campus/campus/index.html

報告: 大塩 量平氏

タイトル: 「18世紀後半ウィーン宮廷劇場におけるドイツ語演劇俳優の人材調達―社会史的分析―」

要旨:
 本報告は、皇帝ヨーゼフ2世の劇場改革期(1776-1790年)のウィーン宮廷劇場に雇用されたドイツ語演劇俳優を対象に、その社会的地位および雇用関係を検討することで、ウィーン宮廷劇場の活動が近代都市社会に浸透した経緯の一端を考察する。
 18世紀後半のウィーン宮廷劇場は既に一種の市場取引的な経営を導入しており、不特定多数の聴衆の移ろいやすい需要へ柔軟に応じる上演を迫られた。そのような中で人材調達、すなわち俳優の雇用は如何なる変化を見せたのか。一般に、中世以来の差別される「遍歴芸人」は近代に社会的地位を向上させ、自由な活動を実現した。本報告はこの流れがヨーゼフ期ウィーンで進展し、宮廷劇場と俳優とが対等かつ自由な雇用取引を行ったことを明らかにする。そこで歴史社会学における「規律化」の観点から俳優の社会的地位の向上の経緯を考察し、社会史的観点から雇用の実態を詳細に整理した後、最後に一種の俳優の「人材市場」の生成の可能性を論じたい。


* 8月の例会はお休みです。次回は9月17日(土) 東風谷太一氏によるご報告の予定です。


第245回「歴史と人間」研究会

日時: 2016年6月12日(日)14時より

場所: 一橋大学西キャンパス本館特別応接室
 (キャンパス地図10番 http://www.hit-u.ac.jp/guide/campus/campus/index.html)

報告: 佐藤 空氏

タイトル: 「エドマンド・バークの経済思想を再考する―自由市場・社会秩序・戦争」

要旨:


* 次回は7月16日(土)大塩量平氏によるご報告の予定です。

第244回「歴史と人間」研究会

日時: 2016年4月23日(土)14時より *今回は土曜日の開催となります。ご注意ください。

場所: 一橋大学西キャンパス本館特別応接室
 (キャンパス地図10番 http://www.hit-u.ac.jp/guide/campus/campus/index.html

報告: 渡辺 賢一郎氏

タイトル: 「少女マンガの表現技法と歴史叙述としてのマンガ」

要旨:
本報告は、過去を物語る、すなわち歴史を表現する様々なメディアのひとつとして、マンガがいかに過去を表現しうるのか、その可能性について焦点をあてる。具体的には少女マンガの表現技法を確認し、その技法としての多声性に注目し、ひるがえって歴史叙述としてのマンガがいかなる表現技法をとるのかを考察する。そして、そのことをとおして従来の歴史の叙述のあり方を問い直すことをねらいとしたい。そこで、まずマンガ批評における表現の技法や物語技法についての議論を紹介し、その物語は誰の物語なのかという、歴史叙述のありかたからも重要だと思われる点を確認しながら、いくつかの作品を参照して上記の問題に取り組みたい。
 

* 5月は学会シーズンのため、お休みです。6月例会は佐藤空氏によるご報告の予定です。日程が決まり次第、改めてご連絡いたします。


第243回「歴史と人間」研究会

日時: 2016年3月21日(月・祝)14時より *今回は月曜日(祝日)の開催ですので、ご注意ください。

場所: 一橋大学西キャンパス職員集会所
 (キャンパス地図8番 http://www.hit-u.ac.jp/guide/campus/campus/index.html

報告: 森 宜人氏

タイトル: 「『社会国家』の形成と都市ガバナンス―ワイマール体制成立前後のハンブルクにおける失業扶助を事例に―」

要旨:
本報告では、第1次大戦期〜ワイマール期中葉ドイツにおける都市ガバナンスの変遷を、都市ハンブルクにおける失業扶助の展開に即して考察する。ドイツでは、大戦期のライヒ戦時福祉事業によって失業者救済のための国家的取組みが緒に就き、その枠組みを継承した1918年のライヒ失業扶助令は、1927年のライヒ失業保険成立に至るまでのワイマール社会国家における失業者救済の柱となった。だが、当該期間における失業扶助の運用は、各都市の裁量に委ねられていた。報告では、以上の制度的枠組みの中におけるライヒと都市の関係、都市内部における公的セクターと非公的セクターの関係に着目して、上記の課題に取り組みたい。
 

* 次回は4月23日(土)渡辺賢一郎氏による報告の予定です。


第242回「歴史と人間」研究会

日時: 2016年2月20日(土)14時より *土曜日ですのでご注意ください。

場所: 一橋大学西キャンパス職員集会所
 (キャンパス地図8番 http://www.hit-u.ac.jp/guide/campus/campus/index.html

報告: 増田 都希氏

タイトル: 「18世紀後半フランスにおける”中間の人びと”へのまなざしと「文明化」―「処世術書」という史料から」

要旨:
 18世紀フランス史において「中間層」や「ミドルクラス」研究はなく、代わりに「ブルジョワジー」という集団についての研究がなされてきた。そしてFr.フュレらの調査などによって、アンシアン・レジームのフランスには、きたる産業社会の担い手となる資本家の卵としての「ブルジョワジー」はいなかったと結論付けられ、「ブルジョワジー」研究には一つの幕がおろされた。
 本報告は、この結論に異をとなえるものではない。だが、この「ブルジョワジー」とは別に、それでも18世紀後半フランスには「中間」に位置するとみなされていた人びとがおり、彼らこそフランスの発展や文明化の鍵をにぎる人びととして、当時の思想家の関心をあつめていたという仮説をたてた。本報告は、この仮説を当時の「処世術書」という史料を中心に検証することを目的とする。
 

* 次回は3月21日(月・祝)森宜人氏による報告の予定です。


第241回「歴史と人間」研究会

日時: 2016年1月31日(日)14時より

場所: 一橋大学西キャンパス職員集会所
 (キャンパス地図8番 http://www.hit-u.ac.jp/guide/campus/campus/index.html

報告: 加藤 鉄三氏

タイトル: 「How to dismantle an Atomic Park(アトミックパーク解体新書):カリフォルニア州ボデガ湾地区における原子力発電所反対運動とその後先、1958年〜1964年」

要旨:
 本報告の対象であるカリフォルニア州ソノマ郡ボデガ湾(Bodega Harbor)地区における反原子力発電所運動は、以下の点で際立っている。何よりもアメリカ[合衆国]で最初に成功した原子力発電所反対運動であり(尚、核エネルギーの平和利用に対する反対運動としては、同時期に起こったアラスカが先に成功)、おそらく実用炉としては世界史上最初に成功した原子力発電所反対運動であることだ。
 加えて、この運動はその担い手たちに覚醒効果を持ったことが挙げられる。道は分かたれ、時に対立関係になることはあれども、活動家であり続けた人々がおり、後にカリフォルニア大学バークレー校の教授になった女性もいた。更に電力会社の夢の跡はその後カリフォルニア州の州立公園システムに包摂されており、半世紀強を経た今日でもピンポイントで示すことができる。そこで本報告では担い手たちのその後にも一定の焦点を当てる。
 日本では知名度の低いこの運動であるが、先行研究は存在しており、1990年代に原子力政策史とカリフォルニア州の反原子力発電所運動史の観点から優れた研究がある。また2001年にもイギリスのアメリカ史・環境史研究者ウィリスが論文を発表しており、さらに最近、この運動をローカルなレベルで支えた1人であるビル・コータム氏の活動を描いた小著が出版されている。本報告ではこれらに大枠としては準拠しつつ議論を行う。
 この運動の特徴は大別して2つの局面からなり、原子力発電所反対運動として始まらなかったことにある。論争の起点となった1958年当初、パシフィック・ガス・アンド・エレクトリック(以下、PG&E)社は原子力発電所を選択肢の一つとしてのみ提示しており、この時点ではアメリカ国内に稼働中の実用炉は1基もなかった。そのような状況下、少数の地区住民に自然保護団体シエラ・クラブが、地権者の女性に招請される形で運動が始まった。同クラブの中心論拠は同地がカリフォルニア州の州立公園候補地であるというものであったが、ほぼ当初から、状況証拠から原子力発電所であると踏んで、独自の調査を行っていた知識人がいた。ソノマ郡在住の海洋生物学者J・ヘッジパスである。先ず、既存の論争史や運動史ではやや軽視されがちな州立公園システムの問題とヘッジパスの活動に焦点を当てる。
 第2局面として、1961年の原子力委員会(Atomic Energy Commission)による公示後、特に1962年にPG&E社が原子炉の安全性に関する報告書を発表して以降、科学者らの協力を得ながら原子力発電所反対運動が展開された。そして1964年10月30日、PG&E社が中止を発表することで終結した。この間、シエラ・クラブには従来の自然保護の議論に拘り、自然保護と(原子力)発電所建設の関係にも煮え切らなさがあったと指摘されているが、全員がそうであったわけではない。若手メンバーであったD・ペソネンは見切りつけて現地市民サイドの表の顔役となり、トイヤベ支部(拠点はネヴァダの州都リノ)の中心人物R・シルは総論としてペソネンに賛成しつつ、ソノマの郡庁所在地サンタローザを訪れて、原子炉立地判断の困難さを語っていた。ここではシルが残した資料などを参照にして、論争直後に至るシエラ・クラブの原子力発電所−自然保護区関係の認識を再確認したい。
 他方、市民サイドで反対運動の中核をなした人物として、前述ヘッジパスとペソネンを含む、8人の男女市民が知られているが(本報告では彼女ら/彼らをFab Eightと呼ぶことにする)、資料の残存度・開示度にはバラつきがあり、2015年夏の時点で公開されていたのはヘッジパスとペソネンの2人だけであった。
 そこで地域の活動家の在り方を考える一助として、昨年(2015年)8月に齢100にしてこの世を去ったひとりの女性を紹介する。彼女はFab Eightのような中心にいた人物ではなかった(ようである)が、彼女の残した文書からは、会報や新聞記事などを受け身に受容するだけではなかった姿がうかがえる。そして前述のコータムが60年代末に海岸線保全運動COAASTを立ち上げたとき、結成メンバーに名を連ね、相応に重要な役割を果たしており、同運動は1970年代初頭にメンドシノ郡で原子力発電所計画が持ち上がった時、反対運動を展開している。
 本報告は「中間報告」的性格のものであるが、流行りものの1960年代論とは趣を異にする、アメリカ最初の原子力発電所反対運動の姿を示すことができるのではないかと考えている。
 

* 次回は2月20日(土)増田都希氏による報告の予定です。


第240回「歴史と人間」研究会シンポジウム

戦後西洋史学をふり返る―20世紀末の「社会史」の勃興を中心に―
 

日時: 2015年12月19日(土)14:00-17:30
*土曜日の開催となりますので、ご注意ください。
 

場所: 一橋大学西キャンパス職員集会所
 (キャンパス地図8番 http://www.hit-u.ac.jp/guide/campus/campus/index.html
 

プログラム:
趣旨説明(14:00-14:10)
森 宜人(一橋大学)
 

報告1(14:10-14:50)
見市 雅俊(中央大学)
「コミンテルンから路地裏へ」
 

報告2(14:50-15:30)
土肥 恒之(一橋大学名誉教授)
「『社会史研究』創刊のころ」
 

休憩(15:30-15:45)
 

コメント1(15:45-16:00)
夏目 琢史(一橋大学)
 

コメント2(16:00-16:15)
長谷川 貴彦(北海道大学)
 

報告者からのリプライ・全体討論(16:15-17:30)
 

忘年会(18:00-)
 
 今日の西洋史研究は、研究の細分化・専門化が著しく進行し、その結果、研究全体のありようが非常に見えにくくなっています。これからの歴史学を展望するためにも、まずは、これまでの日本における西洋史研究をふり返ってみる必要がありそうです。
 このシンポジウムでは、戦後西洋史学の重大な転機となっただけでなく、20世紀末における知の一大トレンドとなった「社会史」の勃興に焦点を合せることにしました。「社会史」勃興の立役者となった雑誌『社会史研究』と角山榮・川北稔編『路地裏の大英帝国』の刊行に、当時、それぞれ若手研究者として関わったお二人の報告者に当時の知的環境をお話しいただき、さらに、西洋史と日本史を専門とするお二人のコメンテーターに、後継世代の視点から、議論の俎上にのせるべきイシューを提示していただきます。
 「社会史」のあり方については、「下からの」歴史学や、日常性の重視、消費の復権、社会の周縁への注目などさまざまな理解が可能ですが、そこには、旧態依然とした方法論に飽き足らず、研究パラダイムの刷新をはかりたいという想いが通奏低音として流れていたのではないでしょうか。このシンポジウムが、そのような熱い想いがこめられていた「社会史」の意義をあらためて確認することによって、今後、歴史学はどのような道を歩むべきかについて考えてみる機会になればと願っております。

 シンポジウム終了後は、同じ会場にて恒例の「大忘年会」(会費1,500円)を予定しております。こちらも奮ってご参加ください。とくに年長の方々の「差し入れ」を歓迎します。
 

* 次回は1月31日(日)加藤鉄三氏による報告の予定です。



S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

とは?

研究会の概要、これまでの例会

今後の例会

<2019年>
7月13日    森 宜人氏
10月     大下 理世氏

出版記録

画像をクリックすると、詳細情報がご覧になれます。

リンク

過去の記事

ブログ内検索

その他