第206回「歴史と人間」研究会

 日時: 2012年7月28日(土)14時より * 今回は土曜日の開催ですので、ご注意ください。
場所: 一橋大学西キャンパス職員集会所
(キャンパス地図6番 http://www.hit-u.ac.jp/annai/campus/index.html

報告: 中村 晋也氏
タイトル: 「文化財保護制度の発展―明治から昭和の法制を中心に―」

要旨:
 近世以前、現代でいう「文化財」は、天皇家や公家、武家、富裕商人の家財として、または社寺における宗教活動における宝物として、必要に応じて修理・修復を繰り返しながら、後世へと伝承されてきた。しかし、この時点でのそれらの位置づけは「property(財産)」であり、所有者の価値基準や必要性に大きく影響を受けながら保存・継承されてきた。
 一方、現代において文化財保護を語る時、「heritage」という表現をよく耳にするようになってきた。heritageを辞書で引くと、「遺産、先祖伝来のもの」などの訳が見られるが、キーワードとして「未来に残すべき」という言葉が添えられている。つまり、ここでは対象となるものを未来へ伝承するか否かを判断するときに、所有者だけではなく国家や民族単位の公共的な価値基準が加味され、「継承すること」の意味が変化してきた。
 それではいったいこの変化はいつ、何がきっかけで起こったものだろうか?
 我が国における文化財保護制度の発展は、明治以降の近代国家の成立・発展と大きな関係がある。明治維新後の欧化主義や廃仏毀釈の風潮、近代化の進展に伴う国土開発と工業化、世界規模の経済不況、第2次世界大戦による軍国主義と戦後の社会混乱などは、文化財の破壊や衰亡に大きな影響を与えてきた。同時に、この文化財の憂慮すべき危機状態は、当時の政府要人や識者に、それらの保護が急務であることの識認を芽生えさせ、国家的な保護制度制定を模索する背景ともなった。
 本報告では、明治初頭の対策から昭和の文化財保護法成立までの法制発展の歴史を辿り、今後の文化財保護制度の在り方を展望し、課題について言及する。


* 8月の例会はお休みです。次回は9月23日(日)、萩田翔太郎氏によるご報告の予定です。



S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

とは?

研究会の概要、これまでの例会

今後の例会

<2019年>
12月     シンポジウム

出版記録

画像をクリックすると、詳細情報がご覧になれます。

リンク

過去の記事

ブログ内検索

その他