第246回「歴史と人間」研究会

日時: 2016年7月16日(土)14時より *土曜日ですのでご注意ください。

場所: 一橋大学西キャンパス本館特別応接室
 (キャンパス地図10番 http://www.hit-u.ac.jp/guide/campus/campus/index.html

報告: 大塩 量平氏

タイトル: 「18世紀後半ウィーン宮廷劇場におけるドイツ語演劇俳優の人材調達―社会史的分析―」

要旨:
 本報告は、皇帝ヨーゼフ2世の劇場改革期(1776-1790年)のウィーン宮廷劇場に雇用されたドイツ語演劇俳優を対象に、その社会的地位および雇用関係を検討することで、ウィーン宮廷劇場の活動が近代都市社会に浸透した経緯の一端を考察する。
 18世紀後半のウィーン宮廷劇場は既に一種の市場取引的な経営を導入しており、不特定多数の聴衆の移ろいやすい需要へ柔軟に応じる上演を迫られた。そのような中で人材調達、すなわち俳優の雇用は如何なる変化を見せたのか。一般に、中世以来の差別される「遍歴芸人」は近代に社会的地位を向上させ、自由な活動を実現した。本報告はこの流れがヨーゼフ期ウィーンで進展し、宮廷劇場と俳優とが対等かつ自由な雇用取引を行ったことを明らかにする。そこで歴史社会学における「規律化」の観点から俳優の社会的地位の向上の経緯を考察し、社会史的観点から雇用の実態を詳細に整理した後、最後に一種の俳優の「人材市場」の生成の可能性を論じたい。


* 8月の例会はお休みです。次回は9月17日(土) 東風谷太一氏によるご報告の予定です。



S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

とは?

研究会の概要、これまでの例会

今後の例会

<2018年>
11月17日 田村俊行氏
12月16日 シンポジウム・忘年会
3月    見市雅俊氏

出版記録

画像をクリックすると、詳細情報がご覧になれます。

リンク

過去の記事

ブログ内検索

その他