第235回「歴史と人間」研究会

日時: 2015年6月21日(日)14時より

場所: 一橋大学西キャンパス本館特別応接室
(キャンパス地図9番 http://www.hit-u.ac.jp/guide/campus/campus/index.html

報告: 高林 陽展氏
タイトル: 「ニューロ・ヒストリーとは何か?―「神経学的転回」と歴史叙述の現在―」

要旨:2009年、カリフォルニア大学ロサンゼルス校のサーバーに「ニューロ・ヒストリー」なるウェブサイトが登場した。このホームページの設置者(ないし賛同者)として挙げられた5人の歴史家たちのなかには、フランス革命や文化史の研究で日本でもよく知られたリン・ハントの名前があった。このホームページの内容に従えば、ニューロ・ヒストリーとは、「認知神経科学の洞察から得られた歴史に関するパースペクティブ」であり、「いかに文化的構造が脳-身体システムと相互交流し、形づくられるかを探求する歴史学」である。より具体的に言うと、地域、宗教、人種、性差、職業、その他社会的役割などによって特徴づけられる人口集団の文化的特徴は、脳の特徴という非言語的次元から特定しうるものであり、その知見から一定の歴史的変化を説明することが可能だと主張するものである。一見すると、これまでの歴史叙述理論の展開とはかけ離れた、突拍子もない話にも聞こえる。文化論的転回の先頭に立ってきたハントはなぜニューロ・ヒストリーを主張したのか。そもそも、ニューロ・ヒストリーはなぜ、どのように生みだされてきたのか。歴史叙述理論の歴史においてどのような意味を持つのか。そして、私たちはニューロ・ヒストリーにどのように向き合えばよいのか。本発表では、認知神経科学の展開、科学史・医学史を中心とした歴史叙述理論の展開、ニューロ・ヒストリーの登場とそれに対する批判的視座を順次検討する。そのうえで、近年の日本においてもニューロ・ヒストリーが萌芽しつつあることを確認し、ニューロ・ヒストリーとの向き合い方を論じる。議論を予告的に述べておくならば、ニューロ・ヒストリーの登場によって、歴史家がいま向き合うべき課題は、もはや言語論的転回にはなく、歴史学がネオ・リベラリズムの下で自然科学に基づく普遍主義という新たな「グランド・セオリー」に従属を迫られているという事態である。
 

* 次回は7月11日(土)、高嶋修一氏によるご報告の予定です。



S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

とは?

研究会の概要、これまでの例会

今後の例会

<2019年>
7月13日    森 宜人氏
10月     大下 理世氏

出版記録

画像をクリックすると、詳細情報がご覧になれます。

リンク

過去の記事

ブログ内検索

その他