第231回「歴史と人間」研究会

日時: 2015年1月31日(土)14時より *土曜日ですので、ご注意ください。

場所: 一橋大学西キャンパス職員集会所
(キャンパス地図7番 http://www.hit-u.ac.jp/guide/campus/campus/index.html

報告: 東風谷 太一氏
タイトル: 「近代バイエルンの手工業と営業の自由――『物権的営業権』(Real=Gewerberecht)をめぐる『所有』の問題」

要旨:
 本報告は18世紀後半から19世紀中葉までのドイツ・バイエルン地方を対象として、「営業の自由」導入をめぐる社会的相克を考察する。営業体制の自由化は社会の近代化の重要な指標として同時代から研究の対象となってきた。20世紀も後半に至るまでその過程は、「ツンフト制」に固執する「守旧的・受動的」な手工業者と「啓蒙的・革新的」な政府・官僚の対立を通して、工業化の抗いがたい趨勢のもと後者の掲げる「自由」が貫徹していくさまとして描かれてきた。昨今の中近世手工業研究はしかし、特に前者について、より柔軟な姿勢を持ち政治的にも能動的であったことを実証的に明らかにしつつある。
 こうした成果を踏まえ、本報告ではまずバイエルンにおける営業体制の自由化過程を跡付ける。そこから明らかとなるのは、政府・官僚が拒絶しえないようにその時々の「世論」に寄り添って自らの語りを変容させ自身の利害の正当化に努める手工業親方たちの姿と、特権や職域をめぐる日常的な反目から共通点を見出すことなど不可能に映る彼らを連帯させてしまう奇妙な「物権的営業権」(Real=Gewerberecht)の存在である。
 同時代の人々のみならず数多の先行研究においても「営業の自由」を阻む最大の要因のひとつと見なされながら、いまだに訳語すら一致せず、ときに誰の物なのかを特定することすら困難なこの「物権的営業権」とはいったい何だったのか。本報告では、最終的にこの問いへの答えを探りつつこれまで自明とされてきた「人と物の関係」を相対化する視座を求めたい。それはとりもなおさず近代的な私有制をめぐる問題構成にかかわってくるはずである。
 

* 次回は2月21日(土)、瀬尾文子氏によるご報告の予定です。
* 会員の皆様の一部に配信いたしました例会案内メールで、件名が誤っておりました。正しくは「reki-nin 231」です。訂正してお詫びいたします。



S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

とは?

研究会の概要、これまでの例会

今後の例会

<2019年>
7月13日    森 宜人氏
10月     大下 理世氏

出版記録

画像をクリックすると、詳細情報がご覧になれます。

リンク

過去の記事

ブログ内検索

その他