第260回「歴史と人間」研究会

日時: 2018年6月9日(土)14時より *土曜日ですのでご注意ください。

場所: 一橋大学国立東キャンパス第3研究館3階共用会議室 ※通常とは異なりますのでご注意ください。
 (キャンパス地図39番 http://www.hit-u.ac.jp/guide/ campus/campus/index.html

報告: 橋詰 かすみ氏

タイトル: 「ジュネーヴ共和国の政治論争とルソーの表象―18世紀中葉の刊行物・書簡から」

 

要旨:

 ジャン=ジャック・ルソーの二著作『エミール』『社会契約論』は1762年6月、祖国ジュネーヴ共和国で焚書処分されるが、それによって内部の政治対立が顕在化することになった。本報告はこの「ルソー事件」に着目し、ルソーの表象という観点から当時の論争を明らかにすることを目的とする。

 1762年のジュネーヴは表面上平穏だったが、直接民主制の問題を巡る火種は燻っていた。17世紀末から名門家出身者が寡頭政を敷いていることに対して、政治参加の機会を奪われたその他の住民たちは不満を抱いていたのである。そして「ルソー事件」は新たな政治動乱の引き金となった。当局によるルソーへの宣告から一年後、一部のジュネーヴ人たちは異議申立書を政府に提出するが、政府は拒絶の姿勢を貫き、対立はさらに深まっていく。最終的にはチューリッヒとベルン、フランスが介入し、1768年3月に騒動は鎮圧された。

 このような状況下、ジュネーヴ人たちの政治的言説の中で、ルソーの著作、並びにルソーの存在そのものはいかなる役割を果たしたのか。当該時期のパンフレットと書簡を主な一次史料として、この問いを検討したい。

 

* 次回は7月7日(土)、本間千尋氏によるご報告の予定です。詳細が決まり次第、改めてご案内申し上げます。



S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

とは?

研究会の概要、これまでの例会

今後の例会

<2018年>
11月17日 田村俊行氏
12月16日 シンポジウム・忘年会
3月    見市雅俊氏

出版記録

画像をクリックすると、詳細情報がご覧になれます。

リンク

過去の記事

ブログ内検索

その他