第255回「歴史と人間」研究会

日時: 2017年9月16日(土)14時より *土曜日ですのでご注意ください。

場所: 一橋大学西キャンパス本館特別応接室
 (キャンパス地図10番 http://www.hit-u.ac.jp/guide/campus/campus/index.html

報告: 見市 雅俊氏

タイトル: 「ほどよい近代、もしくは跛行的近代―スコットランド・ナショナリスト、トム・ネアンのイギリス史論をめぐって」
 

要旨:
 今回の報告は、2015年12月の「歴史と人間」研究会シンポジウム、「戦後西洋史学をふり返る」における私の報告、「コミンテルンから路地裏へ」の続編である。マルクス主義から出発し、のちにナショナリズムの研究とスコットランド独立運動の実践で知られるようになったトム・ネアン(Tom Nairn)に焦点を合せる。
 ネアン、および日本で早くからその名前が知られているペリー・アンダーソン(Perry Anderson)の二人は、1960年代、「オールド・ニュー・レフト」に抗しつつ登場した「ニュー・ニュー・レフト」である。前者の大御所であるE.P.トムスンの逆鱗にふれたことでもよく知られている。簡単に言えば、若き二人がイギリスの「後進性」を強調し、それが明らかにトムスンの「愛国心」を刺激したのであった。
 ネアンの主著、『ブリテン解体』と『蠱惑のガラス』は大きな反響をよんだ。その内容は一言でいえば、スコットランド独立を鮮明に掲げるナショナリトによる、情け容赦のない、イギリス解剖の書である。相方のアンダーソンは、そのスタイルも文体も「グローバル」であり、またアカデミックで、「無色」であるのに対して、ネアンのイギリス論はナショナリストである分だけ「色がつく」ことになり、また「毒気」を含むことにもなり、たいへんスリリングな内容となっている。
 ここでは、ネアン説の中味をアンダーソンの議論も交えて紹介し、結論部分では、ジョージ・オーウェルの第二次世界大戦中の愛国心高揚の著述内容と絡ませて、この島国の近代化の「特殊性」ということについて考えてみることにする。

 

* 次回は10月28日、安藤香織氏によるご報告の予定です。詳細が決まり次第、改めてご案内申し上げます。



S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

とは?

研究会の概要、これまでの例会

今後の例会

<2018年>
11月17日 田村俊行氏
12月16日 シンポジウム・忘年会
3月    見市雅俊氏

出版記録

画像をクリックすると、詳細情報がご覧になれます。

リンク

過去の記事

ブログ内検索

その他